下村明彦

プロフィール

1953年5月23日、神戸生まれ
1955年:小児麻痺を発症。
闘病生活の中、ギターを手にする。
1970年:アマチュアの登竜門ヤマハライトミュージックコンテストにてスカウトされる。
1971年:「ある晴れた日曜日に」でビクターレコードよりデビュー。
1972年:音楽舎あずかりとなり、作詞・作曲・歌のレッスンを受ける。
1974年:ポリドールレコードより、アルバム「少しでも」を発売。
吉田拓郎・泉谷しげる・海援隊等との全国ライブツアー。
1977年:楽曲「自由になりたいために」でヤマハ第8回世界歌謡祭に出場。
1979年:キングレコードよりアルバム「サウンド・エッセイ」を発売。
布施明・倍賞智恵子・由紀さおり等に楽曲を提供する。
各地労音の協力により、全国ツアー敢行。
1981年:人生の転機を思い、音楽の道を断念、神戸へ帰郷。新たな職業に就き、結婚・独立と平凡な人生を願う。しかし...
1995年:「阪神淡路大震災」に被災、“命”と引き替えに多くのものを失う。
この間、瓦礫の中からの復興に明け暮れる。
2004年:30年前のライブ音源を発見。
トランジスターレコードよりライブアルバム「うたのある風景」として発売。 同時に音楽活動を再開。溢れるように楽曲が生まれる。
2007年:トランジスターレコードよりNEWアルバム「DANKAI」を発表。

振り返れば、“唄”との出合いにより、多くのことを経験し学びました。
そこには人との縁、繋がりがあり、それを活かしたのではなく、それに活かされてきたのだと思います。私は「ありがとう」の代わりに唄を作り歌います。それしか出来ないし、それに尽きるからです。未だ人生の結果を求めずに、その過程を大切にしたいと願っています。遙か先の到達点(墓標)へ辿り着くまで、私の歌は終わらないのです。

過去に出ているレコード

アルバム
「少しでも」(ポリドール)
「サウンド・エッセイ」(キングレコード)
「うたのある風景」(ビクター音工)
シングル
「お墓まいり」
「とまりぎ」(キングレコード)
「この哀しさ」
「季節を旅して」

CD

TRSA-001 「サウンド・エッセイ うたのある風景」
詞 作曲 下村明彦(全部)

とまりぎ ●試聴 File Size 544k (MP3)
季節を旅して ●試聴 File Size 484k (MP3)
あなたの愛に抱かれて ●試聴 File Size 472k (MP3)

TRSA-002「DANKAI」(DANKAI)
SILENT LOVE ●試聴

●HP
表札・おなまえ工房
http://machisound.blog46.fc2.com/