茶木みやこ

omote

プロフィール

京都生まれ。京都在住。

1971年ピンク・ピクルス「僕にさわらせておくれ」でデビュー。

「天使が恋をおぼえたら」「一人の道」などリリースし、1年で解散。
1964年東京オリンピックのマラソンランナー銅メダリストの円谷幸吉さんの遺書を基につくられた「一人の道」 は大きな反響をよび、シンガーソングライター「茶木みやこ」としてソロ活動開始。
「泪橋」、TVドラマ橫溝正史シリーズ主題歌「まぼろしの人」「あざみの如く棘あれば」など発表。その後、音楽活動を休止。

 

2001年本格的に音楽活動を再開。斉藤ノヴ、高田渡、桑名正博、笑福亭鶴瓶等とツァー、コンサートを行う。
中国・杭州でのハンセン病支援コンサートにも参加。

2012年には石川鷹彦プロデュース・アレンジで「Two Doors Away」発売。
2018年7月、ギター弾き語りで自宅録音「Try Again」発売。

今もギターを抱え、全国ライブツアーを精力的に展開中。

 

http://www.chakimiyako.com

 

CDリリース情報はこちら

 

ライブ情報はこちら

iTunesはこちら

茶木みやこ公式Webサイト